むぎくさ 八ヶ岳中信高原国定公園:北八ヶ岳:麦草ヒュッテ通年営業の山小屋:長野県茅野市麦草峠:標高2,127m
トップページへ 最新情報 イベント情報 施設案内 周辺情報 小屋番日記 掲示板 麦草の秘密 写真館 
RSS     最新情報一覧   お知らせ一覧   更新履歴一覧                                         
これまでの記事  2009年02月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 
2017年01月 

■2010年03月30日(火)  穏やかに晴れ上がる、麦草峠
麦草峠周辺の3/30現在の最低気温 -19℃ 最高気温 -5℃ 積雪 81cmです。
再び積雪が増えました。

 
穏やかに晴れ上がる、麦草峠
太陽の角度も徐々に上がるに連れ、日差しの温度も、春の気配。
オトギリ平から茶臼山を望む
オトギリ平の雪原も登山道を見失う恐れがありますので、地図、コンパスをご持参下さい。

 
雪原の赤旗誘導ポール撤去しました
ピラタスロープウェイから麦草峠間の赤旗誘導ポールが撤去されました。入山のお客様は地図は必携です。また、紫外線が強い時期ですから、サングラスをお忘れなく。
入山方法は、軽アイゼン、ワカン、スノーシュー、ストック等が便利です。
30日の五辻の雪原付近
赤旗誘導ポールが撤去されましたので、雪原の登山道を間違えないように注意が必要です。

 
樹林帯は、まだまだ雪国
直射日光が入り難い樹林帯は、まだまだ冬山の世界です。
麦草峠周辺のトレースの跡
先日の降雪が草原を白く染めています。
 

■2010年03月28日(日)  春の足音が・・・・
logo24.gif 509×76 14K
冬の季節が遠ざかり、残雪を散策しながら、移り変わる季節の表情を眺め見るのも、山歩きの一つでしょう。
麦草峠周辺の3/28現在の最低気温 -11℃ 最高気温 -5℃ 積雪 61cmです。

 
冬の仕事を無事終える、山小屋
春の日差しを浴びながら、白き世界を求め来る旅人を送り、緑成す森を行く山旅人を迎える宿へと移り変わる。
現在の入山手段は、スノーシューか軽アイゼンが便利です。
あれって雲?はてなマーク?
季節が動くこの時期は、雲の不思議に出会えます。

 
ダケカンバの枝に咲く、氷の花
雨氷?霧氷?樹氷?おそらく雨氷です。前日の夕方降った雨の水滴が、夜の寒さに氷ついたようだ。
昨日から同じ場所で、日向ぼっこする2000m付近のカモシカ君
標高2000m前後をうろちょろするカモシカ君。今日も昨日と同じ場所で、日向ぼっこ。

 
真っ白なヒゲの1800m付近のカモシカ君
標高1800m付近に出没する白ヒゲのカモシカ君。
この冬のカモシカの出没量は異常に思えます。例年一冬に一回出会えれば良い方だったのが、ほぼ毎週逢ってしまうこの冬のシーズン。何かが起きているんでしょうか?
諏訪地方、いよいよ御柱祭が始まる
4月に入ると、天下の奇祭諏訪の御柱祭が始まります。
麓の集落も御柱祭の安全祈願の神事が執り行われました。
 

■2010年03月26日(金)  厳冬期の山小屋へ逆戻り
麦草峠周辺3/26現在の最低気温 -14℃ 最高気温 -1℃ 積雪 68cm
シーズン最後のパウダースノーでしょうか。

 
厳冬期の山小屋へ逆戻り
赤い三角屋根を覆う雪景色に、春の訪れをしばし忘れてしまいそう。
3月最終週末はパウダースノーだ!!
雪不足を何度も悔やんだシーズンも、3月最終週末はパウダースノーが楽しめそうです。

 
冬の雨、湿雪にじっと耐えるカモシカ君
背中の毛を凍らせつつ、じっと寒さに耐えるカモシカ君。一番春を楽しみにしているんでしょうか?
三度、国道が全線降雪の道となる
今日はパウダースノーをメルヘン広場まで、クロスカントリースキーで楽しみました。

 
幻想的な落葉松の樹氷
日向木場展望台付近の落葉松林が、美しい樹氷に変身。
スキー入山の方、ご注意を!!
深い樹林帯を除き、残雪の量が少なく、ブッシュ等が出てきていますので、スキー入山の方は、お気をつけ下さい。
雪雲が去り、西日射さす麦草峠
連日の降雨、降雪が冬山へと誘う。
現在の入山手段は、スノーシューか軽アイゼンが便利です。
 

■2010年03月22日(月)  移り変わる季節の表情を眺め見ませんか
logo14.png 500×30 10K
 
冬の季節が遠ざかり、残雪を散策しながら、移り変わる季節の表情を眺め見るのも、山歩きの一つでしょう。

草峠周辺3/22現在の最低気温 -15℃ 最高気温 +4℃ 積雪 48cmです。

 
天候不順に、日の出を祈る時
前日の悪天候を引きずる気持ちを、打つ消すような日の出前の東の空。
現在の入山手段は、スノーシューか軽アイゼンが便利です。
連休最終日の晴天に感謝
雨有り、雪有り、晴天ありの3連休でした。この冬の雪不足を悔やみつつ、冬シーズン最終週へと時が進んで来ました。

 
真白き二股唐松、今年最後の表情?
麦草峠の冬の景色を代表する二股唐松の樹氷。今年は今回が最後になりそうです。
麦草時間で山行を楽しむ、山旅の人
プロガイドさんが2人のお客様を、北八ケ岳の冬の森遊びに、スノーシューで出かけて来ました。今回は南八の厳しい冬山ガイドとは違い、まさしく麦草時間の、ゆったりとした山旅のようでした。

 
春の使者、餌台にウソがやってきました
例年、4月中旬に除雪車と共に、春を告げる使者として木々を飛び回るのが、今年は半月も早くやってきました。
国道雪解けの証?
20日にスノーモービル運行が終了している様に、国道の一部が既にアスファルトになっている所があり、自転車での来山も納得の今シーズンです。
スキー入山の方、ご注意を!!
深い樹林帯を除き、残雪の量が少なく、ブッシュ等が出てきていますので、スキー入山の方は、お気をつけ下さい。
 

■2010年03月19日(金)  今シーズンのスノーモービルの運行終了しました
麦草峠周辺の3/19現在の最低気温 -11℃ 最高気温 -4℃ 積雪 68cmです。

 
束の間の白いベールの時
昨日の降雪は、麦草峠を束の間の白いベールに包みました。
今シーズンのスノーモービルの運行終了
本日最後のモービル迎えをアスファルトの路面を通過しつつ、終了となりました

 
徒歩下山のご褒美・・・1
スノーモービル運行の終了の為、本日の下山は徒歩となりました。歩くテンポはいろんなものの出会いをプレゼントしてくれました。
リス君の足跡が車道を横切っていました。
徒歩下山のご褒美・・・2
笹を食べていたのは、カモシカ君

 
徒歩下山のご褒美・・・3
落葉松の林の中に、ニホンジカがこちらを見ていました。
新たな犬連れのお客様
黒豆柴犬の「小鉄」君と一緒に、国道を日帰り散策に来たお客様。
 

■2010年03月17日(水)  日に日に進む春への転換
麦草峠周辺の3/17現在の最低気温 -14℃ 最高気温 +2℃ 積雪 53cmです。
いよいよ日中の気温がプラスになり始めました。

 
雪解け盛ん、麦草峠
気温上昇と雨の雫のダブルパンチ、足早な春の風情に、ため息一つ。
茶水の池も雪色から水色へ
日に日に進む春への転換。

 
まだまだ消えぬ、登山道の積雪
樹林帯の登山道の雪解けは、のんびりムード。腐れ雪にはスノーシューが便利。
雪の気配がしない、メルヘン広場
雪の無い車道のあるゲートは、如何にも滑稽だ。

 
現在、運行中止のスノーモービル!!
送迎希望のお客様、申し訳ございません。10センチ以上の降雪が無いと、スノーモービル運行が再開出来ません。
3000メートルの山並みが羨ましい
遠く聳える白き山並みが羨ましい。
 

■2010年03月16日(火)  2010のイベント情報を更新いたしました
2010のイベント情報を更新いたしました。

 6月 5日(土)        八ケ岳開山祭前夜祭 記念バッジがプレゼントされます
 6月 9日(水)10日(木)  森の旅 1 春の森を訪ねて
 6月23日(水)24日(木)  森の旅 2 春の森を訪ねて
 7月 7日(水) 8日(木)  森の旅 3 梅雨の森を訪ねて
 7月21日(水)22日(木)  森の旅 4 梅雨の森を訪ねて
 8月 4日(水) 5日(木)  森の旅 5 夏の森を訪ねて
 8月 8日(日)        八ケ岳の日 エコバックがプレゼントされます
 8月18日(水)19日(木)  森の旅 6 夏の森を訪ねて
 8月25日(水)26日(木)  森の旅 7 夏の森を訪ねて
 9月15日(水)16日(木)  森の旅 8 秋の森を訪ねて
 9月29日(水)30日(木)  森の旅 9 秋の森を訪ねて
10月30日(土)        第2回麦草祭 お客様感謝祭
11月20日(土)        薪ストーブを囲む会 山小屋気分を味わう日
12月18日(土)        クリスマス会 ホワイトクリスマス会
12月31日(金)        忘年会 酒有り、ビンゴゲーム有り
03.jpg 160×120 6K

■2010年03月14日(日)  満天の星空に誘われて、ヘッドランプを携え、にゅう山頂へ
麦草峠周辺3/14現在の最低気温 -9℃ 最高気温 -1℃ 積雪 72cmです。

 
【にゅう山頂の日の出】
昨晩の満天の星空に誘われて、ヘッドランプを携え、にゅう山頂へ。
【太陽の光が雲海を照らす】
八ケ岳と妙義山を結ぶ雲の海。

 
【光り射す彩】
太陽光の迫力。静寂な闇の世界から、何かが始まる炎の色合い。
【遠く聳える富士山】
つい見入ってしまう、日本最高峰。

 
【白駒池に浮かんだ、にゅうへの道】
朝日に照らされた一本道。にゅうへの道だ。
【乗鞍岳と麦草ヒュッテ】
展望があまり強調されない麦草峠ですが、小屋の後ろに見える乗鞍岳が美しい。
 

■2010年03月11日(木)  晴天に誘われて
麦草峠周辺3/11現在の最低気温 -15℃ 最高気温 -4℃ 積雪 80cmです。

 
【晴天に誘われて】
雪のち晴天、天気予報通りの良い天気です。日帰りのお客さんも晴天に誘われて、麦草峠へ。
【純白の世界、白駒池へ急ぐ】
この冬最後の雪景色かもしれないという言葉に、白駒の池に急ぐお客様。

 
【白いマントを着飾った木々】
真っ青な空に映える、シラビソの樹氷。
【思わず見上げる被写体】
ダケカンバの白い樹氷の広がりは、思わず写真の被写体となる。

 
【落葉松の樹氷に見入る】
標高1900Mの落葉松林の樹氷群は、幻想的な雪景色を醸し出す。
【凍てつく南八ケ岳】
穏やかな北八ケ岳の山並みと反し、凍てつく山並みを覗かせる南八ケ岳。
 

■2010年03月10日(水)  連日の雪降り、蘇えった雪原
麦草峠3/10現在の最低気温 -7℃ 最高気温 -2℃ 積雪は75cmに戻りました。
 
【連日の雪降り】
先週末は、冬は終わりなのかと思わせましたが、今週の連日の雪降りは、この冬を少しばかり足踏みさせてくれたようです。
【蘇えった雪原】
春を思わせる数日前の土色の土手が消え、白き雪原が蘇えった。まだまだ、雪遊びが楽しめそうです。

 
【安全走行も可能に】
国道299号(メルヘン街道)のスノーモービルの運行も、安全走行可能な積雪になりました。体力に自信の無いお客様の入山のお手伝いができそうです。
【標高1800mのメルヘン広場】
国道299号線茅野側通行止め箇所、通称メルヘン広場周辺も冬の景色となりました。
車で入山の方は、滑り止めが必携です。

 
【茶色の群れは?】
メルヘン広場周辺を移動する茶色の集団に出会いました。十数頭のニホンジカの群れでした。
【精悍な表情の雄鹿】
リーダーだろうか?、こちらを監視しているようです。それにしても、立派な角です。
 

■2010年03月07日(日)  雨、雪、雨、そして雪
麦草峠3/7現在の最低気温 -5℃ 最高気温 +1℃ 積雪 60cmです。
 
【雨、雪、雨、そして雪】
昨日からの雨は明け方まで続き、雪と変わったのは明け方4時位からだった。如何にか終日降り続いた雪は、麦草峠を再び白い世界と引き戻してくれた。天気予報からすると、次の週末が白い世界を眺めるチャンスのようだ。
【それぞれの出発、やまびこ会A】
この週末は2つのやまびこ会が8名ずつ宿泊された。年齢層も似ていて、食事の席の案内に少し戸惑ってしまった。グループAのリーダーは地元茅野市出身の方だった。

 
【それぞれの出発、やまびこ会B】
二グループ目のやまびこ会はアイゼン装着の冬山縦走隊だった。週末の悪天候の中、元気な中高年でした。
【第8回スノーシューハイキング開催】
参加者が全員常連さんだったので、ハードなツアーから、「森の不思議探し」に内容を変えて、時速1キロの散策にでかけました。明け方からの降雪は、再び白駒の池を白い雪原の戻しかけていましたが、桟橋周辺は氷が解け危険な状態も見え隠れしていました。 白駒の池の雪原横断は危険!!

 
【遭難ではありません】
森の不思議を探すために、大石川源流へ行ってみました。急坂を下り降りて、黒曜石の路頭を背に休憩です。源流の水をペットボトルに詰め、今回のツアーの参加記念としました。参加者の皆さん、お家に帰ったら美味しいティ−を楽しんで下さいね。
【不思議な森の不思議な根っこに遊ぶ】
不思議探しの散策は、参加者をいつの間にか童心に帰らせ、根っこの空間に無邪気に嵌ってみたりした。みんな、みんな、森に遊び入って行った。 こんなツアーもっと続けたいと思った。
 

■2010年03月05日(金)  雨、雪、雨、そして晴天
麦草峠周辺の3/5現在 最低気温 -3℃ 最高気温 +5℃ 積雪 63cmとなりました。

 
【雨、雪、雨、そして晴天】めまぐるしく変化する週間天気。雪解けのあまりの早さに、驚くばかり。異常な春の訪れの早さに、地球温暖化や春の水不足を心配してしまう。
【日曜日からは寒くなり、雪予報】草原は白くなったり、茶色になったり、兎に角忙しい。

 
【3/5の白駒池、雪原と氷原の世界】先日の雨が雪原の上で凍り、一面氷のリンクとなっている。
【この亀裂は危険かな?】本来の白駒池の氷は数十cmはあるはずですが、こんな亀裂があるとそろそろ気をつけたほうが良いでしょう。

 
【雪解けの水が集まり、川となる(狭霧苑地)】雪解けの速さを感じ取れる、森の中に出来た大きな水路。年にの2度の流れが現れる。それは、雪解けのこの時期と、台風の季節の風物詩。
【無数の岩が顔を見せ始めた、コケモモの庭】連日の気温の高さは、無数の岩にエネルギーを与え、雪解けの速度を倍増させる。
 

これまでの記事  2009年02月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 
2017年01月 

一覧 / 検索
トップページへ 最新情報 イベント情報 施設案内 周辺情報 小屋番日記 掲示板 麦草の秘密 写真館