むぎくさ 八ヶ岳中信高原国定公園:北八ヶ岳:麦草ヒュッテ通年営業の山小屋:長野県茅野市麦草峠:標高2,127m
トップページへ 最新情報 イベント情報 施設案内 周辺情報 小屋番日記 掲示板 麦草の秘密 写真館 
RSS     最新情報一覧   お知らせ一覧   更新履歴一覧                                         
これまでの記事  2009年02月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 
2017年01月 

■2010年01月31日(日)  第3回スノーシューハイキング
麦草峠周辺1/31現在の最低気温 -15℃ 最高気温 -6℃ 積雪 77cmです。
 
【第3回スノーシューハイキング】
今回の参加は6名。前回同様晴天の中、雨池ツアーへ。
【カモシカとの出会い】
小屋を出発して15分程した森の中、我々を凝視するカモシカに出会う。参加者全員シャッターチャンスに大喜び!!

 
【青空広がる雨池到着】
天気予報通り、午前中は晴れ、青空広がる雨池が美しい。
【広大な湖上は我々のもの】
広大な湖上雪原は我々のスノーパラダイス。

 
【トラブルも無く、ツアー終了?】
トラブルも無く、ツアー終了と言いたいところでしたが、小生ことガイド人が、倒木の枝の窪みにスノーシューを奪われるトラブルがあったのでした。お客様には良い学習となったようです。
【つぼ足グループも頑張る!!】
ツアー終盤、つぼ足グループと合流。麦草雪原で思わぬ苦戦に、苦笑いのつぼ足グループ。
 

■2010年01月29日(金)  凍てつく日はオアシスな小屋
麦草峠周辺の1/29現在の最低気温 -14℃ 最高気温 -4℃ 積雪 78cmとなっています。

 
【北八と言えども注意を!!】
いよいよスノーシュートレッキングが盛んになってきています。トレースが登山道上のものなのか、見極めが必要です。地図は必ずご持参下さい。
【凍てつく日はオアシスな小屋】
日中気温マイナス10℃以下、太陽をさえぎる厚い雲の日は、凍てつく寒さが倍増する。そんな時、山小屋の煙突から出る煙は、小屋の暖気を想像させるに十分だ。

 
【手が生えた雪ダルマ】
標高2,100mに住む人間も、遊び心はあるものです。決して仙人ではございませんよ!
【暖かさを助長させるもの  
やっぱり一番は薪の燃える炎でしょう。

 
【暖かさを助長させるもの ◆
二番目は釜の煮えたぎるお湯の湯気ですかね。
【暖かさを助長させるもの 】
手前味噌ですが、週末のお客様に備え、心を込めて作る女性スタッフの手作り料理。お客様に伝わると良いのですが?
 

■2010年01月26日(火)  第2回スノーシューイベント
北八ケ岳の冬は、四季の中で最も針葉樹の森が美しく感じられる時です。冬山登山は基より、スノーシュー、スキー等のアウトドア派も多いに遊べる季節。カメラ片手にゆっくりと樹氷の世界を堪能するのもオススメ!!

麦草峠周辺の1/25現在の最低気温 -13℃ 最高気温 -6℃ 積雪 72cmです。

 
【第2回スノーシューイベント】
参加者4名と少数でしたが、参加者の中に屋久島のネイチャーガイドさんもいて、とっても有意義なツアーとなりました。
【雪原と化した雨池を遊ぶ!】
樹林帯が迫っている白駒池とは違い、雨池は開けた空が開放感を醸し出します。

 
【早朝の縞枯山展望台】
早朝の山並みの画像収集のため、日の出を縞枯山山頂で迎える。刻々目の前にある被写体の光と色が変化して行くその様は、実に美しい冬晴れの情景である。
【薄ピンクに染まる山並み】
オレンジの太陽光は八ケ岳の山並みを薄ピンクに染めてゆく。

 
【凍てつく山頂を物語る】
標高2400m前後の頂きと言えども、吹く風は高山そのものである。頂きのエビの尻尾の成長はそれを物語っている。
【茶臼山山頂から南方を望む】
茶臼山は縞枯山展望台より西風が強く、立ち枯れの木々のエビの尻尾は迫力があった。 
 

■2010年01月23日(土)  暖気がもたらした雨の後
麦草峠周辺の1/22現在の最低気温 -10℃ 最高気温 0℃ 積雪 68cmです。
先日の太平洋からの暖気は2,100mの世界に雨をもたらしました。
本来なら、大寒で一年で一番寒い時期な筈なのに、しとしとと降る雨を届けてくれました。
思わず飛び込んでみようかと思うほどの粉雪は何処へ、雪面はクラスト状態と変わり、最中状態の雪原を歩くのも四苦八苦。
また一方で、雨は美しい世界を演出します。木々に降り注いだ雨の雫はクリスタルと化し、ナナカマドの実を氷の世界に閉じ込めます。そして、窓に咲く氷の花も樹氷を表現してくれました。

 
【雪像出現!!】
先日の小春日和は粉雪を湿雪に変え、雪像作りには快適でしたが、寒波の再来と共に雪質はクラスト状態(最中状)に変わっています。新雪が待ち遠しい!
【クリスタルに輝く樹氷】
先日の雨の残しもの、透き通った氷の造形が美しい。

 
【クラスト状の雪面】
今回の雨は、雪面をクラスト状態に変え、踏み抜く不安を感じながら雪原に足跡を残す。
【この冬も目立つ鹿の食圧!!】
暗い樹林帯に明るく目立つ鹿の食圧の跡。今年の食圧のペースはハイペース。

 
【カモシカの食事の後。】
ニホンジカに追われているのか、樹林帯から雪原に移動しながら、笹の葉を食べ歩くカモシカの食事の後。
【熊さんではないよ!】
この角度から見たら熊に間違えられてもしょうがない。本当はカモシカ君なんですよ。
 

■2010年01月18日(月)  ガイドコース整備
麦草峠周辺の1/18現在の最低気温 -20℃ 最高気温 -8℃ 積雪 78cmです。
 
【ガイドコース整備】
今日は、代表的ガイドコースの丸山展望台コースの整備に出かけました。
【白き北アルプスの山並み】真っ青な空に白い帯の山脈が雄大です。

 
【湿雪が少なく、踏み抜く粉雪】
重い湿雪が少なく粉雪の多い今年は、ブッシュや笹などが押さえられていないので、空洞につかまると立ち上がるのに一苦労。
【丸山展望台コースの絶景】遥か白い山脈をバックにシャッターチャンス。

 
【今年も来ました。この頂き】
今年初の丸山展望台登頂。現在の積雪では一般者の案内は難しいと判断しました。
後30cmの降雪があれば、ガイド開始となります。
【ランチタイムも楽しげです】
風が穏やかな窪地でランチタイム、太陽の日差しを背中に受け、楽しいランチ。
 

■2010年01月16日(土)  雪空から青空へ
麦草峠周辺の1/16現在の最低気温 -18℃ 最高気温 -11℃ 積雪 88cm。
 
【雪空から青空へ】
雪降る朝、時間の過ぎるテンポに合わせ、青空の支配がだんだんと多くなって行く。気が付くと白い世界と青い世界の2色にそまっていた。美しすぎる贅沢な景色に時を忘れてしまう。
【麦草峠冬の風物詩】
今年も冬のお楽しみ二股唐松の樹氷が雪原に現れてきました。今年の恋はどれだけ叶えてあげるんでしょうか?暖かな日差しと共に消えてしまう、はかない樹氷の姿、今願いを込めて!!

 
【茶臼山・縞枯山、厳寒の頃】 2400m前後の亜高山帯の山々も、厳しい冬山の世界を見せ付ける。
【青き空、白き地上の世界】 山旅人も、思わず美しき世界の虜となっていました。

 
【カモシカ君の再来】
この冬、小屋裏に出没するカモシカ君。5m程に近寄っても不思議そうな目で見つめているだけのカモシカ君でした。
【背中は人形ではありませんよ】
スキーヤーのお父さん、息子さんを背中におんぶして麦草峠までいらっしゃいました。愛くるしい息子さん可愛かったです。それにしても、サングラス似合いすぎ!!
 

■2010年01月15日(金)  暖冬ですか? 去年の最高積雪を越えました
麦草峠周辺の1/15現在の情報をお届けします。
最近の最低気温 -18℃ 最高気温 -15℃ 積雪 80cm
去年の最高積雪を越えました!

 
暖冬ですか? 去年の最高積雪を越えました!
玄関の屋根も重そうですが、今年の雪は氷点下10℃以下での降雪が多く、重さを感じさせない雪です。息を吹きかければ、スコップの雪は飛ばされてしまうほどの乾燥した雪です。
早くも80センチ越えの積雪!
気象観測も腰までのラッセルを要します。乾燥粉雪の雪原はトレースが消えやすいので、赤旗誘導ポールを目安に進んでください。

 
またまたつぶれる窓。えんやこらどっこいしょで、雪かき雪かき! 厳寒の頃、氷の花咲く窓。

 
山麓の行事【どんど焼き】 次女聖奈の厄落とし。数え19の歳になります。
 

■2010年01月12日(火)  剣が峰は2010m!
logo31.gif 553×47 4K
北八ケ岳の冬は、四季の中で最も針葉樹の森が美しく感じられる時です。冬山登山は基より、スノーシュー、スキー等のアウトドア派も多いに遊べる季節。カメラ片手にゆっくりと樹氷の世界を堪能するのもオススメ!!
麦草峠周辺の1/11現在の最低気温 -17℃ 最高気温 -10℃ 積雪 55cmです。

 
2010年に標高2010mの山頂は剣が峰!

10日に宿泊された樋口様グループに「明日何処へ」と聞いたところ、「剣ヶ峰に行きます」と答えられたので、冬季のルートとしては少し不思議に思い理由を聞いてみました。
そのわけは、2,010年に因んで2,010mの標高のピークを登りに来たと言うことでした。恥ずかしながら、剣ヶ峰の標高が2,010mという認識は私どもにはなかったので、現地の山小屋の住人としては反省しきりでした。
そんな話を聞いたオーナーは居ても立っても居られない様子で、常連の関田さんを誘って夕方剣ヶ峰に出かけました。林道の積雪は思いのほか深く梃子摺ったようですが、2,010mの看板がしっかりとあり、少し満足げに帰ってきました。
樋口様には「トレースをつけとおきました」と伝えていましたが、本当は標高を確かめたかったオーナーでした。

 クラシック・テレマークスキー
革靴履いて、ステップカットの板を使い、全身でバランスをとりながら手作りターン。これが面白いんですよね!!自由なんですよね!!
古きテレマーカー集まれ!!

 
冬の山旅人を待ち続ける、通年営業の山小屋【麦草ヒュッテ】
2名のスタッフが越冬隊として、この冬を過ごしています。お気軽にお立ち寄り下さい。
そして、栗ちゃん(男)・徳ちゃん(女)と声を掛けて下さい。山の世界の話を伝えて下さい。

 
白駒池周辺の登山道。完全結氷の白駒池。
【白駒池】標高2,100m以上の湖としては日本最大の天然湖。樹齢数百年の時を刻んだツガ、トウヒ、シラビソの原生林に囲まれた神秘の湖です。
 

■2010年01月07日(木)  最近の最低気温 -17℃ 最高気温 -11℃ 積雪 53cm
2010-01-06.jpg 225×300 67K
麦草峠周辺は50cmを越える積雪となっています。6日現在、最低気温 -17℃ 最高気温 -11℃ 積雪 53僂任后

深々と降る雪、吹雪、風雪、いろんな雪降りは森の木々を雪で造形します。
白い森をスノーシューを履きながら散策すると、不思議な形をした雪像たちに出会えます。時には人間のような、時には動物のような、そしてどこかで見かけた形に似た雪の像がシャッターチャンスを演出します。
不思議なことに、毎年同じ木々に同じ雪像が作られることが多いということです。おそらく、木々の周りに吹く風の方向が毎年同じようなリズムがあるのでしょう。雪像の大小はあるものの、同様な雪像を形成して行きます。

 
白銀に輝く北八ケ岳の森。麦草峠周辺、日々変化する茶臼山の冬姿。白いマントを身にまとう天然落葉松はオトギリ平の幻想的な風景。

 
赤旗誘導ポール設置
★五辻―出会いの辻―オトギリ平― 大石峠―麦草峠
★大石川林道―茶水の池―麦草峠

※赤旗ポールは雪原を中心に設置していますが、十分とはいえませんので必ず地図を携行して下さい。

 
自然の雪像たち。何人に見えますか? 二人?三人? どこか人影がありませんか!
右の写真、火星人に見える?

■2010年01月03日(日)  2010年の正月三が日
麦草峠周辺の1/3現在 最低気温 -17℃ 最高気温 -11℃ 積雪 53cmとなっています。
正月三日目となりました。年末年始の様子をアップします。 
 
2010年麦草峠の夜明け「謹賀新年」本年もよろしくお願い致します。53年目の年を迎える麦草ヒュッテの三角屋根。

 
白銀に輝く北八ケ岳の森、光の移動が景色を引き立てる。瞬きごとに変化する冬景色。
今年はどんな山旅人と出会えるでしょうか?今年は鹿除けネット効果は?
今年は一歩前進を祈って!!
麦草ヒュッテのこだわりは、どんな方にも開かれている事です。
みんな集まれこの山小屋に!!

 
【2009年忘年会】小森夫妻の結婚披露も行われました。馴染みのお客様との祝宴も例年通り新年まで続きました。
【2010年新年会】今年から新年会は、岳人たちの山への思いを語る日となりました。ヒュッテからの読み聞かせをきっかけに、人それぞれの思いを伝える言葉は重く、時には愉快に響き、ランプと薪の爆ぜるストーブの炎の音との調和は山小屋らしい時間と空間の文化であるようでした。
 

■2010年01月01日(金)  あけましておめでとうございます
20100101085511.jpg 240×320 11K
新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
元旦は残念ながら冬晴れとはいきませんが、新年早々冬山の厳しさと岳人の暖かさを感じとることができ、山小屋の一年の始まりに感謝です。

これまでの記事  2009年02月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 
2017年01月 

一覧 / 検索
トップページへ 最新情報 イベント情報 施設案内 周辺情報 小屋番日記 掲示板 麦草の秘密 写真館